堀り出し商品!?ゴールドアクアセイフは中古より新品がお得♪

この手の商品は違いを感じにくいと思いますが!自分の中では効果がある!と思っています。ん〜…!うちの金魚はあんまり何も変わってないような…!変わらないことがいいのか…?とりあえず!同社から販売されている「金魚の水つくり」には500mlのタイプがあるのに!併用して使うこの商品は250mlまでしかないんですよね(^_^;)。水質調整剤って、何をどのくらい無害化するのかはっきりわからないですけど、なるべく最小限に留めたいと思います。

こ、これですっ♪

2017年03月30日 ランキング上位商品↑

ゴールドアクアセイフテトラ ゴールドアクアセイフ 250ml 関東当日便

詳しくはこちら b y 楽 天

なのでゴールドアクアセイフは必ず投入しています。色が青色でないことぐらいですかね。できれば500ミリリットルがあればいいのですが。いつもは近くのホームセンターで購入するのですが、チャームさんの方が安いので、チャームで購入しました。いまでは毎週卵を産むまでの元気な子になりました。メーカーの説明に書いてあるから使用している感じです。独特の匂いがして、とろみがあります。最近の企業の社名じゃないけど!商品名がカタカナだらけで!その商品が意味するものがちょっとわかりにくいですけど!簡単に言うと「カルキ抜き液だけでは補えないことをしてくれる液」といったところの品です。初めてゴールドアクアセイフを投入した時は!『バイオエクストラクトがろ過バクテリアを活性化する』が効いているのか!あれ?何か水がいつもよりクリアだな!と感じました。日に日に値上がりしてるのが気になります。ちなみに、うちは金魚なのでこちらの商品ですが、熱帯魚用の同社製品「アクアセイフ」とは何が違うのか、もうちょっと知りたいとこですね。そして!『重金属を無害化!強力保護コロイド!ビタミンB1を含有』でストレスが減ったのでしょうか!あれ?いつもより元気に泳いでる!と感じました。もしそうだとすれば、本品はよりpHに影響を与えにくいということでしょうか?わかりませんが、アクアセイフの代わりに使ってみたいと思います。うちではこれと「金魚の水つくり」は水換えの時には欠かせない商品です。」とか記してもらったほうが、わかりやすいかもしれませんね。このとろみが金魚に良い水となってくれてるようです。アクアセイフとの違いは分かりませんが、やはりテトラはとても信頼していますし、金魚には金魚用のゴールドアクアセイフで決まりですね。正直、アクアセイフとの違いはわかりませんでした。水換え時には欠かせないモノなので、仕方ないですがこれ以上の値上がりはきついですね…。普段は使わないのですが!水槽を新しくしたのでなるべくストレスをなくそうと思い購入しました。使用量は10リットルに対して5ミリリットルです。昨年、6匹いたピンポンが次々と病気になり☆になってしまう中で、発病しながらも生き残った一匹のためにこの商品を購入し、使用してからその後一度もその子は病気になったことがありません。でもよく考えたらエーハイム4in1を使用しているので必要なかったかも。※あ、そうそう、この商品だけではカルキ抜きの作用はありませんから、注意しましょうね〜。少し調べてみてもアクアセイフとの違いが分からないのですが、ヨーロッパの硬水環境で開発されたアクアセイフは金魚に使用するとpHショックの可能性がある云々の書き込みがありました。」と記されていますが!こういうふうに遠回しに言わず!「注意:この液だけではカルキ抜きはできません。。「水道水のカルキ(塩素)抜きに金魚の水つくりと併用してご使用ください。買い置きしてあったアクアセイフがもうすぐなくなるので!その代わりに使ってみようと思います。